髪にいい食べ物、髪に悪い食べ物まとめ!こちらの記事では

「女性の髪に良い食べ物」

「薄毛、抜け毛対策になる食べ物」

「ツヤ髪になる食べ物」

を紹介しています。

また、逆に「女性の髪に悪い食べ物」「避けたほうがいい食べ物」も紹介していきます。

今晩のおかずに迷ったら、ぜひ、以下の食材を参考に食卓を彩ってみてくださいね!

髪・頭皮が喜ぶ食材、栄養素5選!

髪にいい食べ物まとめ
まず最初は、美しい髪、ボリュームある髪のために女性が積極的に採りたい栄養素(食材)を紹介していきます。

髪にいい栄養素①■たんぱく質

女性の髪にいいたんぱく質
美髪、ボリュームのある髪のために真っ先に摂りたい成分は何と言っても「たんぱく質」です。

髪の毛の主な成分は、アミノ酸というたんぱく質。

また、たんぱく質の一種であるケラチンが髪を作っています。

よって、髪の毛の成長にたんぱく質は必須中の必須です。意識して摂取していきましょう。

たんぱく質の中でも大豆製品は、女性の髪に嬉しい成分「イソフラボン」が豊富です。

イソフラボンはからだの中で女性ホルモンと似た働きをしてくれるため、女性ならではの髪の悩み(ボリューム不足・髪が細くなってきた等)にアプローチしてくれます。

■たんぱく質が多い食品■

→大豆製品・卵・魚類・牛乳・お肉等

髪にいい栄養素②■ビタミンE

女性の髪にいい食べ物、かぼちゃ
ビタミンEには、血行を良くする働きがあります。

血行不良の原因となる活性酸素に対抗し、髪の老化を防ぎます。

生活習慣病対策にもなるので、ビタミンEも積極的に食卓に並べたい栄養素となります。

■ビタミンEが多い食品■

→かぼちゃ・うなぎ・玄米・胚芽米・ごま・ナッツ・アーモンド等

髪にいい栄養素③■ビタミンB群

豚の赤みで髪に栄養を

新陳代謝を良くして、頭皮環境を整えるのがビタミンB群です。

ビタミンB群が不足するとエネルギーの代謝をスムーズに行えなくなり、からだが疲れやすくなります。

人間のからだは、生命の維持に必要な臓器へ優先してエネルギーを届ける習性があるため、ビタミンBが不足すると髪まで栄養が行き届きにくくなり、結果、抜け毛や薄毛の要因にもなりえます。

元気でハツラツとした毎日を送るためにも、ビタミンBは欠かせない栄養素となります。

■ビタミンB群が多い食品■

→豚の赤身・レバー・まぐろ

髪にいい栄養素④■亜鉛・ミネラル

カキで髪のための亜鉛補給

亜鉛はミネラルの一種です。

髪の毛には亜鉛が含まれているので、亜鉛が不足してしまうと細胞分裂が滞り、抜け毛が増えてしまいます。

また、ミネラルには髪のツヤや発育を促す働きもありますので、亜鉛・ミネラルも毎日の食事で摂取できると良いです。

■亜鉛・ミネラルが多い食品■

→牡蠣・エビ・スルメ・うなぎ等
(ただし、牡蠣やエビは銅や亜鉛の含有量がとても多いので、食べすぎは禁物です)

ポイント説明

「亜鉛は摂りたいけど、カキは苦手……」という場合は、エビやうなぎなどでも亜鉛が補給できます。

「エビやうなぎも苦手……」という場合は、サプリメントをうまく利用して栄養補給をするのもおすすめです。

【決定版】女性育毛サプリおすすめランキング!どれが髪に効果アリ?

 

髪にいい栄養素⑤■ヨード

わかめや海藻類で髪をツヤツヤに

ヨードは海藻類に多く含まれる栄養素です。

髪のツヤを良くしてくれる働きに期待が持てます。

ヨードはたんぱく質の食材と組み合わせると、さらに効果的です。

■ヨードが多い食品■

→わかめ・ひじきなどの海藻類

摂りすぎは避けたい……髪に悪い食べ物5選!

髪に悪い食べ物まとめ
続いては、髪のためにできれば避けたい食べ物をPickupしていきます。

これらはあくまでも、大量に食べると悪影響を及ぼす可能性がある、という意味合いが大きいですが、参考までにチェックしてみてください。

できれば避けたい食べ物①■いきすぎた激辛の食事

辛いものは髪に悪い
辛いものは、適度に体をあたためて、血行を良くしてくれますが、いきすぎた激辛の食事は髪にとっては負担となります。

唐辛子、キムチ、カレー、チゲ鍋、トムヤンクン、坦々麺……

この世に辛いものはたくさんありますが、激辛料理というものは大概、味付けが濃くて、塩分も多めに含まれているものがほとんど。

塩分が多い料理は食欲も刺激されて、ついつい箸が進み食べ過ぎてしまいます。

その結果、体内に塩分を摂り込みすぎてしまい、髪だけでなく健康上でも宜しくないです。

更に言うと、辛いものはお酒とも相性が良く、宴会の席で出された激辛料理は絶品。

好きな人にはたまらないですよね……

お酒と辛いものは交互に食べると食が進みます。そしてカロリーオーバー、塩分過多など、体を壊す原因に直結していきます。

よって、辛いものは、適度に食べるなら血行促進になりますが、食べすぎてしまうと健康を害し、そこから派生して薄毛や抜け毛の原因となり得るのです。

もちろん、胃腸を壊すほどの激辛料理はもってのほか。

日ごろからバランスの良い食生活を心がけていきましょう。


摂りすぎは避けたい食べ物②■コ-ヒー紅茶の飲みすぎ(カフェイン)

コーヒーは髪に良くないのか?
コーヒーや紅茶に含まれるカフェインには、

・毛細血管が広がり、血流が良くなる
・中枢神経が刺激され、集中力がアップ!
・代謝が良くなり、脂肪分解、ダイエットにも良い
・覚醒効果がある

と、数々の嬉しい作用が報告されています。

適度に飲む分には体に良い、という話もあるのですが、カフェイン中毒になってしまうぐらい飲み散らかしてしまうと、髪にも悪影響が出てきてしまいます。

カフェインを摂りすぎると、めまいや吐き気、イライラ、胃が痛いなど、体調を崩す原因になりますし、覚醒効果によって不眠を引き起こす場合があります。

その結果、以下のような体調の変化が起こり得ます。

■カフェインの悪影響…①睡眠不足になる
■カフェインの悪影響…②冷えからくる血行不良になる
■カフェインの悪影響…③亜鉛、鉄分の吸収を妨げる

髪は、寝ている間に成長が促進されます。

良質な睡眠の確保は、頭皮環境にとって最重要事項といってもよいほどですが、カフェインによって眠りが妨げられると頭皮細胞の成長が滞り、結果として髪がだんだん弱くなっていってしまいます。

つまり、睡眠が足りないと髪のハリ、ボリュームが減り、たよりないヒョロリとした髪質になりやすくなります。

カフェインの効果が完全に切れるのは、約5~6時間必要だと言われています。

よって、夕方以降はコーヒーを控える、などの対策を取るのが懸命です。

また、コーヒーは体を冷やす飲み物なので、摂りすぎることによって冷えを起こし、血流が悪化します。

血流、血行不良は、抜け毛の原因に直結するので注意が必要です。

そして、食後すぐにカフェインを摂取すると、髪の成長に必要な栄養素である「亜鉛や鉄分」の吸収を妨げてしまいます。

先ほども語りましたが、亜鉛は髪にとって大事な栄養素。

もし、どうしても食後にコーヒー紅茶を飲みたい場合は、少し時間を置いてから飲むようにしましょう。

また、多くとも1日に3杯程度に抑えるのが美髪への近道です。


摂りすぎは避けたい食べ物③■アルコール

お酒の飲みすぎは髪の大敵

私たちのからだの中にあるアミノ酸は、お酒のアルコールを分解する働きを持ちます。

アミノ酸は、髪の毛を作るためにも必要ですが、お酒を大量に飲みすぎると、アミノ酸がアルコールの分解作業で手一杯になってしまい、髪を育成する余力がなくなってしまいます。

髪を作る機能がストップした結果、髪のボリュームダウンや抜け毛、薄毛につながってしまいます。

適度なアルコールは血流が良くなるので一概に悪ではありませんが、度を越した飲みすぎには注意してください。


【Pickupコラム】海藻は髪にいいの?薄毛や抜け毛に効果ある?

海藻は髪にいいの?

昆布やワカメ、もずく、めかぶなどの「海藻類は、髪にイイ!」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?。

「ワカメを食べると髪が黒くなる」
「コンブを食べると髪が生えてくる」

などなど……。

大海原でゆらゆらと揺れる海藻類は、どことなく「風にそよぐ髪」をイメージさせ、なるほど、確かに「髪に良さそうかも!?」と思えてきますが、本当のところはどうなのでしょうか?



海藻は「髪のツヤ」と密接な関係にある!

結論から言うと、海藻類を大量に食べたからといって、直接的な育毛効果がある――というわけではありません。

ただし、海藻類は美髪の為にも積極的に取り入れていきたい食材です。

……と。

「髪にいいのか、悪いのか、いったい、どっちなんだ!?」

という感じですよね(;’∀’)

――以下、解説でございます。

海藻類には「ヨード」という栄養素が含まれており、このヨードは髪のツヤを良くしてくれる働きを持つと言われています。

「髪のツヤ」と「育毛」とは、似ているようで違いますが、髪にツヤがあるとそれだけでも若々しく見えますし、ツヤがありクシ通りの良い髪はヘアケア時のお手入れもラクになりますので、海藻は積極的に食卓に並べたい食材である、というのはあながち間違いではありません。

もちろん、海藻だけを山盛り食べていれば髪がキレイになる、というわけではありませんが、海藻類に含まれるヨードは細胞分裂を活発にしてくれますし、ビタミンやミネラルも豊富ですので、からだにも良いです。

わかめや昆布をお味噌汁やサラダに入れて、毎日少しずつでも海藻を摂っていきましょう。



髪のための食材選びに迷ったら、サプリで補給するのもアリ

髪の主成分であるたんぱく質の代謝には、ビタミンB群が必要であり、頭皮の血行を促進するにはビタミンE、毛細血管を強くしてくれるビタミンP……などなど、人間の体、血管はいろいろな栄養素の力によって代謝を繰り返しています。よって、さまざまな食べ物をバランスよく食べるのが一番、という結論にはなります……が、

「髪のためとはいえ、いろいろな栄養素を考えて摂るのはメンドウ!」

……という場合は、女性の髪向けに開発されているサプリメントを上手く利用すると手早く髪への栄養補給ができて便利です。

髪のサプリメントで女性向けのものを見てみたい、という場合は以下の記事も合わせてチェックしてみてください。

【決定版】女性育毛サプリおすすめランキング!どれが髪に効果アリ?